近年では、オンラインギャンブルは世界的トレンドになっていますが、そのルールや規制は国や地域によってさまざまです。日本には長いギャンブルの歴史がありますが、今ではギャンブルの規制が厳しく、ギャンブルのほとんどは違法です。一方で日本のギャンブル関連の法律を改定する動きも見られ、将来的には全国でカジノを作ろうという計画も持ち上がっています。それでも、日本でのオンラインギャンブルを取り巻く状況は良くありません。

オンラインカジノは今や世界中に存在していますが、日本にも存在するのでしょうか?また、日本人が諸外国のように合法的にオンラインギャンブルを楽しむにはどうすればいいのでしょうか?

ネットカジノ合法か違法か?

実は、オンラインカジノを禁止する法律は日本にありません。しかし、オンラインカジノの抑止力となるような法律は存在しており、プレーヤーがオンラインカジノをオープンに楽しめない状況になっています。法律によって日本でオンラインカジノが運営されることはありません。一方で、多くの海外カジノサイトは日本人ギャンブラーを歓迎しています。海外オンラインカジノの利用は(リスクが最小限という意味で)ほぼ安全です。

結論から言うと、他の多くのアジア諸国と同様、日本でのオンラインギャンブルは法律のグレーゾーンです。国が認める競馬など以外のギャンブルは、包括的な法律によって禁止されています。しかし、オンラインのベッティング、賭博、カジノゲームを利用した人が起訴された公的記録はあるものの、海外で合法的に運営されているオンラインギャンブルであれば、その利用者が訴えられるといったことは、今の段階においては、実際にはほぼないといってもいいのかも知れません。

国内ギャンブラーへのアドバイス

前述の通り、日本にはオンラインカジノの承認機関は存在しておらず、国内で合法的に運営されているオンラインカジノも存在しません。そのため、多くのプレーヤーは海外サイトを利用しており、悪質な運営サイトに狙われやすい状況にあります。ですから、日本人がプレーする際は、オンラインカジノ登録前によくリサーチして信頼できるウェブサイトを見つけることが重要です。

ウェブサイトをリサーチする際は、カジノの評判や実績に特に注意しましょう。しっかり運営されているオンラインカジノのほとんどは、顧客レビューページ、運営に関する専門家の書き込み、独立機関の報告書など、ユーザーがオンラインで確認できる情報を提供しています。だからといって、新興カジノ全てが不正をおこなっているという意味ではありませんが、新興カジノを利用する際はライセンスチェックが必要です。カジノを利用する際には、よく知られたギャンブル機関が発行したカジノライセンスの有無を確認するようにしてください。

日本人の好みに合ったカジノ

ここ日本では昔からギャンブルが盛んです。しかし海外のオンラインカジノにおいては、日本語に翻訳されていない、日本語のカスタマーサービスが存在しない、日本語の面白いコンテンツがないなど、日本人プレーヤーにとっては困ることが多かったのも事実です。しかし、ついに最近、そういった状況に変化が見られるようになりました。今や海外のオンラインカジノは、日本市場向けにカスタマイズしたサービスを数多く提供するようになっています。特に新興カジノでは、日本で人気のゲームを提供したり、日本人プレーヤー向けの特別ボーナスやキャンペーンを提供したり、円建て取引、日本語のカスタマーサポート、日本人ライブディーラーなど、日本市場向けの充実したサービスが見られるようになっています。

海外のオンラインカジノが、日本人プレーヤー向けに特別仕様サイトを提供していることもあります。このようなサイトでは、言語と通貨はそのままですが、日本人の好みに合ったゲームが用意されています。中でもスロットは、日本人になじみがあるパチンコによく似ているため、人気が高くなっています。また、日本でよく知られているドラゴンタイガー、シックボー、ポーカー、バカラ、ブラックジャック、宝くじなどもよく提供されています。ここで気を付けていただきたいのは、くれぐれも悪質なサイトにひっかからないように国や政府の許可があるかどうかなどしっかり確認することです。